Ayuzo Note東京→沖縄県宮古島市に移住、島暮らし!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |



広島旅行記3

JUGEMテーマ:旅行記








高校生の頃にも修学旅行で訪れたけど、学生の頃だしじっくり考えながら見ることもなかったしらゆりの塔、
沖縄に移住して大人になってから見たときはまた全然違う重みと、
いろんなことを考えさせられました。

日本が戦争で受けた被害を、その体験した人々の声を知る・見るということは、
戦争を体験したことのない世代の私たちには本当にとても大事なことだと。



今回の広島旅行で原爆ドームを実際に見て、
商店街の中にひっそり建っている小さな病院と、その上空600mで原爆が爆発したという「爆心地」にも行き。

資料館を見て…沖縄戦のあれこれとはまたちがう「原爆」の重大さに、半日見て回りましたが相当消耗しました。



資料館に展示されている被爆した時に着ていた服や遺留品の数々には、
そのほとんどが個人の名前といきさつまで書かれたキャプションがしっかりついていました。

「戦時中の中学生が履いていたズボンです」

と、展示されているものを見るのと、

「鈴木太郎さんが被爆した時に履いていました。
友人に助けられてどうにか自宅に戻りましたがほとんど手当も受けられず、
翌日の夜に亡くなりました」

とか、細かく書かれているものを見るのと…。だいぶ違います。
読まずに素通りできず、すべて読みながら見ました。



所有者がわかる、誰のものか分かっている持ち物。

「この夏服は自分で縫ったものです。」
「このお弁当箱にお母さんが当日の朝、お昼ご飯を詰めてもたせました。」


一人一人は知らない人たち、何十年も前に戦争の被害にあって亡くなった人たち、
この人たちも日本人で、自分も日本人。
うまく言い表せられないけど、いろんな重みがありました。






公園内の大きな木。
ここも当時は焼け野原になって、この木も広島の街と一緒に復興してきたんだろうな。








広島の市内には「広電」という路面電車が走っていて、これがなんともよかった。
バスみたいな区間、大通りの真ん中に路面電車、周囲はビル群。

新しい車両も走っているけど、写真のようなレトロな電車もまだ使われています。
ちょっとした区間でも路面電車が珍しい私、乗りたくてたくさん利用しました。








広島市内からちょっと足を伸ばして、戦艦や戦車好きな夫に付き合って呉市海事歴史科学館にも出かけました。
ここには戦艦大和の10分の1スケールの戦艦大和が展示されていたり、日本の海軍の歩みについての展示がありました。


すごかったのです、確かに戦艦って何かしら夢中にさせる魅力のあるものなんだろなーっと…。
しかし前日に原爆ドーム見ちゃったせいもあってか、なんとなくテンション上がりきらず。





なんだろう、きっとこういうののマニアの人向けの、展示なんだろうな。
綺麗だしすごい圧倒はされる。
日本の海軍が苦労して発達していった経緯も、なるほど、ふむふむと見た。

でも個人的には、中の方に興味があった(汗

こういうのに乗り込んで戦争に向かう船員さん兵隊さんたちがどんなところで寝泊まりしてたのかとかね。
戦艦の外観や搭載されている武器の展示はもう、ものすごかった。
でも生活感がなさすぎた。人がこれにほんとに乗ってたんだ…っていう実感は薄い。

この船に乗っていて戦死した人たちの、ここでの生活がもうちょっと見えたらよかったのにな、という感想でした。







写真に写っている右側の潜水艦は本物で、歴史科学館の横に海上自衛隊資料館があり。
個人的にはこっちの展示の方がずっとよかったです。(しかも無料!)

この写っている潜水艦にも実際に入れる。

館内の展示のメインは、戦後大量に海の中に残された機雷を取り除く仕事をしてきた、
海上自衛隊の人たちの仕事ぶりが見れるのです。

ここを見なかったら、知らなかった!
戦争が終わったーってなった後にこんなにも膨大な数の危険な爆弾が海に取り残されたのか?ということ。
日本の掃海(機雷を撤去すること)技術は世界でもトップクラスで、
日本近海だけでなく中東にも派遣されて成果を出しているそうです。

機雷掃海という作業は、戦争そのものではないにしてもものすごく危険な作業で、
今もそうして果敢に海の中の機雷を取り除くお仕事をされている自衛隊の方々がいるのだということ、
いろいろと見れてよかったです。

(潜水艦がまた楽しかったというのもアリw)





ランチに食べた海軍カレー。

厳島神社を見てみたい、という目的で決めた広島旅行。
思いの外戦争についての社会科見学的な要素満載になりましたが、とても良い旅になりました。




(終)
| 12:25 | PENTAX MX-1 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
広島旅行記2

JUGEMテーマ:旅行記



今回の旅のお供はPENTAX MX-1というカメラ。
コンデジだけどフレームが真鍮で出来てて、重たいしでかいしおやじくさい見てくれの、愛すべきカメラちゃん。





今回旅行に出るちょっと前に、ハンドストラップを新調しました!
これがとてもしっかりした作りでかわいくて。
こちらのショップさんです。

★203 camera straps

最近一眼レフのK-rさんがちょっと不調で、もっぱらMX-1持ち出します。
レンズも一本おかしい。修理に出さないといけない(泣


広島旅行に話を戻します。

弥山(みせん)というのは宮島の中央部にある標高535mの山で、途中までロープウェーがあります。
登山道もありますが日頃引きこもり運動不足の私なので途中までもちろんロープウェーで行きました。








結構な高さを運行しているロープウェー!
6人乗りの小さな箱で、ぶらぶら…






途中で乗り換えもあり、降りてから近くの展望ポイントからの景色。


…で、ここまでで帰るパターンの人も結構いるようなのですが、せっかくだからとこの先の登山を試す事にしたのですが。


気楽な散策コースと思ってたら、結構ガチに登山。
途中写真を撮る余裕もあまりなく(笑
必死で山頂目指しました。

なんていうかすごい岩山?
距離はそんな大したことないのに運動不足民からしたらとても難儀な道のり。







あーここを清盛さんが登ったんだよね…せっかくだからね、と励ましつつなんとか登頂。

岩がゴロゴロの山頂展望台より。


お腹すいたーと大騒ぎしながら下山すると、水位が上がって水に浸かった社殿の様子が撮れました。







やっぱり不思議なながめ。
視覚的にもとても幻想的に見えるし、昔の人はこれを見たらどんなに感動しただろう。






改修工事中だったのがちょっと残念でした。
こんな風に海に浸かっているわけだし、保存維持も大変な苦労なんだろうなと。






御朱印帳にお参りの証をもらってきました。


弥山でへとへとになり、お腹もペコペコになったので、下山して宮島の牡蠣をわんさか食べました!





し あ わ せ *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


大好物の牡蠣がこれでもかと食べられた幸せな旅でしたw

写真は焼き牡蠣。
今回、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、軽く炙って半生でぽんず、カキフライ、釜飯と牡蠣を食らいましたが…
海のものだし鮮度がなによりですね。
そして結局私はなんだかんだ、生牡蠣とカキフライが食べ方として一番好きみたい。
(鍋に入れちゃうと縮んじゃうのがもったいないんだけどあれもお出汁がいいな…)←結局どれもこれも美味しいというw


牡蠣のタウリンのおかげか、二日酔いとも無縁でしたし。
牡蠣、最高♪


広島市内に移動してからは田舎民歓喜の街中でのショッピングに加え、
もう一つの今回の旅のメイン、原爆ドームに行ってきました。

(続く)

 
| 11:40 | PENTAX MX-1 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
広島旅行記1

JUGEMテーマ:旅行記


広島に旅行に行ってきました。
東京に住んでいた頃は、西は大阪・神戸までしか行った事がなく、
それ以西は飛んで、高校生の頃に修学旅行にでかけた沖縄…という感じ。

中国・四国・九州地方にはなかなか縁がなかったので、沖縄に移住してからは旅行はもっぱらその地方。


一度は行ってみたいと思っていた宮島の厳島神社。
今回の旅のメインです。


一枚目の写真は初日に、宮古島→岩国空港(山口県)に移動してそのまま宮島の温泉旅館に。
翌朝の部屋からの朝日です。
部屋の窓がどーーーんと大きくて、瀬戸内海を一望できる素敵なお部屋でした。





前日の夜には旅館の運営しているナイトクルーズで厳島神社の鳥居を見に行く船に乗り込みました。
食事の後のナイトクルーズ、飲みすぎないようにしようと思ってたのについつい、ね…(笑
酔っ払いで手持ち夜景撮影、ぶれてますが夜の厳島神社の鳥居は荘厳でした。

ずっと暑くて汗だくで過ごしていたため、とにかく寒く…(!)(いや、酔っ払い?)
亜熱帯じめじめむしむしの沖縄から脱出、爽やかな秋の気候を満喫。





温泉旅館の夕食って盛り付けがわくわくします♪

しかもいい季節だ、なんでも美味しい季節!
瀬戸内海の美味しいお刺身やら、広島名物あなご飯やら、広島の地酒の日本酒やらをいただきました。




翌日は宮島観光の1日。





旅館のすぐ近くからでているフェリーに乗って宮島に渡ります。
ちょっと曇り空だったけど、かんかんに日差しがあるよりは動きやすい1日になりました。






見にくいのですが、真ん中にちょこっと見えている赤い鳥居。
朝が干潮だったので水位が低い。



宮島に渡ると、たくさんの修学旅行生、外国人観光客、たくさんの宮島鹿。




そして平清盛さん像。

厳島神社は平清盛のゆかりの地。
一番最初(593年)に社殿を建てたのは地方豪族で、その後に平清盛が大規模な(今の社殿)を建てたそうです。

こういう大昔の神社仏閣に出かけてまず感動するのは、
それだけの昔にこれだけのものが建てられて、
さらにいろんな戦争天災くぐり抜けて人の手で直され守られ…今もここに存在しているという感動。


瀬戸内海、広島湾にうかぶ島の一つである宮島、日本三景の一つ。
ちなみにもともと「厳島」という名前だったのが戦後に「宮島」になったので地図上では宮島だけど、宮島=厳島だそうだ。





これこれ、この景色。ここに憧れていたのですよ…!

海の中に鳥居があるなんて。すごいじゃない。
本当はあの鳥居をくぐってお参りするべきなんだろうね。






この穴から覗くと大鳥居が見えますよ、の穴から。
大鳥居と修学旅行生と外国人観光客。なんかいろいろ集約されてますよの一枚。






宮島の鹿には餌をあげてはいけません!
鹿せんべいなども売ってないけどやっぱりちょっとでも油断すると鞄に顔を突っ込まれたりするのです。

ペットも大歓迎の露天、鹿も出入り自由の様子。






社殿とその奥に見える大鳥居。

干潮で水位も低いので、こんな感じ。
せっかくだから水に使った社殿は後に見る事にして、弥山という宮島の山に登る事にしました。

(続く)

| 10:45 | PENTAX MX-1 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
こんぴらさん
JUGEMテーマ:旅行記
 


金刀比羅宮(ことひらぐう)、親しみ込めて「こんぴらさん」と呼ばれている神社。
名前を聞いたこともあったけど、始めて訪れました。
長い階段が続く参道をのぼってお参りします。奥社までいくと1368段の階段!
ちょっと到着の時間が遅かったこともあって奥社まではいけず(3時間コースだったので…)785段の本宮まで参りました。

駐車場やお土産物屋さんの軒先には、無料貸出しの杖が置かれていて、長い杖をコツコツとついて登りました。

日頃の運動不足が応える…w
うぇ〜本当に登るの?これ…っと最初はちょっとやる気なく登り始めましたが、景色もとても素敵でやはり空気もシンとしていて気持ちが良く。楽しく登れました。(翌日、足は勿論のこと杖ついていたので腕まで筋肉痛になりましたが!)

ついでにこの提灯にもついている「金」の文字が良かった。素敵でした。

▲こんぴらさん 参拝ガイド



こういう建物の荘厳な感じ。見るの大好きです★



展望台に到着、真ん中にあるのは「さぬき富士」と呼ばれている飯野山。
形が整っていて美しいです。ドライブ中もちょこちょこ見えて、目印になりました。
| 10:20 | PENTAX MX-1 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
赤い点々のある川魚、あめご。
JUGEMテーマ:旅行記



今回の旅の私の一番の目的は「おいしいうどん食べたい」だったのですが、
(旦那さまの一番の目的は紅葉でしたw)
沢山の美味しい発見がありました。

一番ビックリしたのはこれ。
あめご、という川魚です。

今までイマイチ川魚ってちょっと苦手かな…
特別感はあるけど率先して食べたいものとは思わないな…
と思っていたのですが、すごく美味しくてびっくりしました。くさみがない!

赤い点々模様がついてます。(写真では焼き色でよく見えないけど)
始めて食べましたがほんと美味しかった〜。
また食べたいな♪
| 11:45 | PENTAX MX-1 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
祖谷のかずら橋
JUGEMテーマ:旅行記



徳島県の祖谷にある「かずら橋」です。

全国にいくつかあるかずら橋の中でも、一番著名なかずら橋〜らしいです。(wikiより)
3年後とに「かずら」を新しくして橋を架けなおす。
今はすぐ近くまで道路も通っているけれど、昔は本当にこれを渡らないと…っていう時代があったんですよね。
渡ってみましたが結構怖かったです。



私の前を行く、ツアー観光向けのバスのガイドさんが絶叫しておりました…w
こうして橋のたもとから見ていると「まぁスリルありそうだけどそこまで怖くないかな」
なんて思ってたんですが…



あれっ、予想より隙間が広いよ!っと、実際渡り始めたら足がすくんでしまいました。
女性や子どもの足だとスポっといっちゃいそうな隙間。
(写真に写っているのは28cmの大足…)

ギャーギャー騒いでいる人が居るのもうなずけます。
私は静かにへっぴり腰になって渡りました。

…本当にびびると声なんてでないもんですよね?←
| 11:07 | PENTAX MX-1 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
| 1/3 | >>