Ayuzo Note東京→沖縄県宮古島市に移住、島暮らし!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |



透かし編みのストール
JUGEMテーマ:レース編み



かぎ針編み、タティング…編み物大好きなんですが、棒針って苦手であまりやらない方だったのが、今度また別に記事をあげてみようと思うのですが、ドイツ製のと〜っても編み易い輪針を今年の冬に手に入れた事がきっかけで、棒針色々と練習中です。
正月には靴下を始めて編んでみたり、クンストレースに挑戦したりしている最近です。

これもチンタラ編んでいたのですが、昨日ようやく仕上がったので久しぶりにちゃんと写真に残してみました。

糸はエミーグランデのベージュの糸。
ほんとに編み易い糸です、エミーグランデ。滑りがよくて糸割れも全くせず。かぎ針で編むよりも編み易さがモロに出る感じがします。

編み図は「毛糸だま2012春号」のシェットランドレースの特集から。

iPhoneImage.png

本では極細のウール糸で編んでいるので全然風合い違いますが、沖縄は暖かいので(爆)太糸レース糸を3号で編んでみました。



もっと太い針で編んだ方が、本の感じと近い模様の出方になったかな〜。
始めて透かし編みを編んだのですが、今まで想像していたよりも単純な繰り返しが多かったということ。めんどくさすぎて(w)敬遠していたんですけど、ちょっと楽しさが分かりました。

ただ、最初の10段くらいはどこあんでるのか分かんなくなって、手を休める度に「ここはどこ編んでたんだ?」となり。しかも下の段みても今編んでるとこ合ってるのか分からず、模様ズレまくりで何度もほどき。

しかし、途中で悟り。

“これはデビュー作なんだから、模様ずれててもとにかく完成させる事に意義があるのよ…”

…と…。そんなこんなで、2枚編んで中心ではぎあわせてある、最初に編んだ方は模様間違えてる所多数です(笑
ままま。愛嬌ってことで…。



かけ目したあとの訳の分からなさ、に大分なれました。
次は風工房さんの本から、夏向けの糸でマーガレット編んでます。

ドミノ編みもやってみたいし〜。
飽きっぽいので途中でクンストしたりしつつのろのろと透かし編み練習を続けます!

| 09:21 | 手仕事のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
タティングレース本のレビュー、まとめ。
JUGEMテーマ:レース編み

iPhoneImage.png
 
(iphoneより。「タティングレース-新しい世界」より、レシピ名「ローズガーデン」製作途中)

最近あまりブログを更新していないな〜っと、過去の自分の記事を読み返していて、以前はもっと気軽に更新していたなと思い立って、何かお題目は…と考えてみたのですが。浮かばず…w
ひとまずタティングレースに関する本のブックレビューをまとめてしてみたいと思います。(覚えている限りで、入手した順番に載せていこうと思います!)

タティングレースを私が最初に始めたのは2011年で、レース編みの技法の1つとしてそういうものがある…という知識はあったものの、全くシャトルを触った事もなく、最初にこの本を手にしました。


タティングレース-新しい世界/聖光院 有彩(著)


多分、当時まだあまりタティングレースの本って種類が無くて、「タティングレースやってみようかな!」って思う人ならまず手にしたであろう、教科書的な位置づけの本です。
まず驚いたのは…聖光院 有彩先生は、初老の男性の方であった、ということです(笑
経歴など拝見すると、レースを本格的に学ばれていて国内でも草分け的な存在の大先生の本です。

初心者にも分かりやすい色のついた太めの糸で、手元の写真つきでのテクニック指導、さらには難しめの特殊な技法も分かりやすく紹介されていて、尚かつ、掲載されている作品レシピは繊細な極細の糸を使用したものが沢山で、本当に本格的なものです。

ここが特にこの本の特徴だと思うのですが、今どきの初心者向けの〜という事を謳い文句にした編み物本だと、丁寧な写真付きのテクニック指導の後に、太めの糸でざくざく〜っと簡単に編めちゃった!というような作品レシピが続き、手軽に始められますよ〜というような主旨の本が多いのですが、この本はそうではないところが気に入っています。
ある意味でスパルタ的です。丁寧な手取り足取りの指導のあとには、結構根気のいる大作のレシピを載せちゃう所が。
でもこれが、目標になるから私には逆に丁度良かったです。うわ〜すごい!これ作れるようになってみたい…そう思えるような作品が、載ってます。ちょっとデザインは若干マダム臭強めですが、編み図見てるだけでもワクワクするというか。
レースが好きな人ってやはりどちらかというと、細かいものが好きな方だと思うので、きっと見とれるはず!

タティングレースやったこと無くて、基礎からバッチリ真面目にやりたい方に1冊選ぶなら、断然この本をお薦めしたいです。



はじめてのタティングレース (レディブティックシリーズno.3215)/sumie(著)


有彩先生の本で20番に太めの糸でリングとチェインとピコを練習し、ひたすら作品ではない、練習ブレード状態のものを編みました。その後で作品を何か作ってみたいのですが、さすがにあちらの本の作品にチャレンジするも挫折したので、もっと簡単そうな小さなモチーフなどから挑戦したいな…と思って購入したのが、こちらの本です。

sumieさんの本はこの本が最初だと思われます、小さなモチーフを得意とされている作家さんだと思います。
この後に続く本も、sumieさんのタティングレースは、モチーフがとても個性的で可愛らしいです。立体的に編んだり、マダムちっくなレースじゃなくてもっとカジュアルで「かわいい」雰囲気の今風なタティングレースを気軽に始められる本です。
基本中の基本はもちろんのこと、ジョセフィンノットまで技法が使われていて、作例のレシピも作りやすい小さいものが多いです。
ちょっとタティングレース気になってるんだけど…というような方には是非こちらの本(というかsumieさんの本全般)をお薦めしたいです。
ついでに、このレディブティックシリーズ、という種類の本は安価なわりに内容が充実している手芸本のシリーズで、私はとても好きです。



タティングレースの小さなアクセサリー/peikko(著)


私の手芸の目的の大きなものは「手を動かしたい」というのがメインなので、作ってる段階でもうすごく満足なのですが、実際に身につけたいと思えるデザインのタティングレース本という意味ではダントツでpeikkoさんの作品が素敵です。
本屋さんでこれを見たときに…うわ〜、これもあれもどれも、欲しい!って思えるアクセサリーでした。手芸本じゃなくてアクセサリーの本だったとしても虜になっていたかも。

とにかく作品のデザインがとても素敵なんですが、その分、初心者が技法など知らずにこの本から手に取ってしまったら、多分、挫折します(泣
ある程度基本の技法が理解できて、レシピの写真を見るだけでもおよその製作手順が想像できるくらいの状態でないと、この本のレシピを楽しく編む事は出来ないと思われます。

個人的には一番ためになったのは、材料の糸の選び方などがとても参考になり、この本を入手してからは糸の質にこだわるようになりました。仕上がりの質も見た目がかなり変わりますが、良い糸は、作業もとてもしやすいということ。自分には楽しくタティングする上でかなり重要なポイントでした。



優雅なタティングレース/藤重すみ(著)


タティングに限らず、編み物や手芸の本全般に思うのですが、個人的には手芸本って大きく3種類あって
1.技法を学ぶのに最適、作例はイマイチだけど分かりやすい(如何にも初心者向きのデザインであまり作ってて練習感が前面にきててそんなに楽しくはない。でも大事w)
2.作品がとにかく魅力的だけど技法についてはしょられててこれ1冊では分からないし、どうにかして作ってみると難しくて大変(が、達成感は有り。出来上がったものを使うのも楽しい)
3.ずば抜けて魅力的だとぱっと見は思わなかった作例だけど、眺めているうちにジワジワと惹き付けられて作ってみたくなり…やり出したらすごく楽しい!

…と、3つの傾向があると勝手に思ってるのですが、こちらの本は迷うこと無く3番です。
この方のレシピはとにかく編んでて楽しいのです。なんでなんだろうな…、自己流で色々やり始めてからも、一番アレンジの元に参考にしてます。

ピコの入れ方がとにかく絶妙で、きっとそれで編んでて楽しんだと思うのです。
この本の最初に練習用として載っているモチーフが、40番のレース糸で編むと丁度小さめのコースターみたいになるドイリーなのですが、めちゃくちゃ気に入ってます。編んでて過程が楽しい上に、気軽に作れてタティングの王道デザインで、とても可愛いのです。多分これもう20枚近く作ってます。すごくお気に入りです。



天然石とビーズが美しいタティングレースの首飾り/藤戸禎子(著)


タティング&ビーズの素敵ジュエリー/荒木 孝子 , 山中 恵(著)


この二冊は探しまわってマーケットプレイスとオークションで手に入れました。
ビーズを入れたタティングの本、としてとっても参考になります。(タティングの基本技法を理解していないとちょっときついかもしれません。いずれの本も写真での基本テクニックの技法説明は載っていますが、編み図を理解するにはちょっと慣れが必要かもしれません。
首飾り〜の方は如何にもクラシカルな雰囲気のデザインの優雅なものが多いです。
素敵ジュエリーの方が、実用的です。色味等とても可愛くて糸とビーズの合わせ方の参考になります。



はじめてのレース編み 小さなタティングレース100 (朝日オリジナル)/北尾 惠美子(著)


朝日オリジナルの編み物本シリーズは好きでよく手に取ります。
このシリーズからタティング本が出ると、中身見ずに予約で購入した本です。表紙のアルファベットのモチーフに惹かれて楽しみにしてましたが…個人的には、ちょっと作品のデザインがお子様向けというか、可愛すぎて合いませんでした(汗
レース編みをしたい〜という意識の人にはちょっと向かないのかもしれませんね。

でも細々としたモチーフを楽しみたい人にはうってつけの本です。このシリーズからは2014年5月現在、他にも続編が2冊でていますが、いずれも同じ主旨の感じで、小さい動物や花のモチーフをちょこちょこ編みたい人向けの本です。
何時かなにかでアルファベットモチーフ作ることがあるかな〜、今のところこの本から編んだ事は無いです。眺めてるだけですw



すてきなタティングレース―3ステップでここまでできる/盛本 知子(著)


これからタティング始める人で、有彩先生の本をパラパラっとしてみたけど…ちょっとあっちはトラディショナルすぎてとっつきにくい作例だな、と感じる方で、教科書として1冊選ぶなら個人的にこちらの本はとてもお薦めです。

技法のレクチャーは丁寧で分かりやすく、適度に難易度も高めの作品も載っていて目標もできます。それでいて気軽に編める簡単な栞などの簡単な作例もあり、色糸の使い方も素敵です。
私はこの本でスプリット編みの練習しました☆

この本の表紙になってる水色のレシピ、今編み途中になってるものが仕上がったら今度はこれを編みたいな〜と思ってます。
タティングの魅力がバランスよく詰まってる本だと思います!



暮らしの中のタティングレース/藤重すみ(著)


どうにもこうにも藤重すみさんの本が好きなので、これもジャケ買いしてしまったのですが、絶版になってしまっていた「やさしくタティングレース」の方をオークションで中古で手に入れてしまっていた私には、作品のレシピが重複していてちょっと物足りない本になってしまいました。

最初の方に載っているマーガレットのドイリーが気に入って、丸い形ではなく四角く繋げて編みました。(この記事で1枚目の写真に写っているものが同じレシピです)

やはりこの方のレシピは編んでて楽しい…なんなんでしょう(笑



タティングレースのアクセサリーレシピ/peikko(著)


peikkoさんの2冊目のタティング本。前回のものよりもずっと親切設計になっていますが、如何せん、テクニックに関するページはモノクロのものなので、やっぱりこの本をタティングのはじめの1冊目に選ぶとちょっときついかな、というのは否めません。

しかし1作目の本に引き続き作品の魅力的さでいえば、文句無しです。
これが売ってたら普通に欲しくなる、というようなアクセサリーばかりで、目移りします(笑

p13のカチューシャのパターンを短くして栞を何枚も作りましたが、作りやすいパターンで、尚かつとても見栄えがします。
自分のキャラじゃないので実際にみにつけるのに躊躇はありますが、いつか付け襟に挑戦してみたいです。(額に入れて飾りたい)



小さくてかわいいタティングレースのアクセサリー(レディブティックシリーズno.3577)/sumie(著)


p56のクレマチスのパターンに惹き付けられ、購入しました。こんな編み方もあるんだ、ととても参考になった本です。

sumieさんのこのレディブティックシリーズの本はとにかく技法の説明が全て写真で親切!ちょっとピアス作ってみようかなって気軽に手をつけられます。手元の写真などがとても分かりやすいのは、初心者でも中級者でそこそこ慣れてる人でも、やっぱり見やすくて助かります。

素敵な手しごと ビーズタティングのアクセサリー(レディブティックシリーズno.3741)/sumie(著)


sumieさんの本の最新刊!つい先日手に入れたのですが、今回はビーズをテーマにまとめられたレシピです。
フープピアスの仕立て方、p15に載っているようなビーズを入れたタティングの極細のチェーンの作り方がとっても参考になり
ました。

今回の本は、そのままレシピを作りたい…というよりは、自己流で編んでいるものの参考にする、という感じの内容でした。p64のお花の作り方も、やってみたいです。




結構な長文になってきました!(笑
手芸本マニアの私…。他にもちょこちょこ、洋書関係もあるんですが。
最後に番外編を1つ紹介して今回は区切ろうと思います。





メキッキオヤのアクセサリー シャトルで作る花レース/七海 光(著)


メキッキオヤ=タティング、と全く同一のものではないのですが、タティングのシャトルを使って編むという事は同じ。ただ目を移さない技法のようです。目を移さずに芯糸シャトル側の糸で巻いていく方法なのですが、すっかりノーマルタティングになれてしまった私には、これがどうにもこうにもストレスフル…。
「目を移すと言う工程がないため、初心者にも覚えやすく…」と最初に書かれているのですが、すっかりいつもの方法に手が慣れちゃっているとかえってやりにくくて、キィィィっとなります(笑

しかしながら作品のデザインは、peikkoさんに継いで魅力的なのです。
これをどうにかノーマルタティングでできないかな?なんて眺めている状態で、まだ1つも完成させていないのですが、色使いも可愛すぎて個人的にものすごい眺めてるだけでも至福の本です。

七海さんはイーネオヤ(トルコの縫い針を使って編むレース)の本も出されていて、この本がきっかけになって、七海さんのイーネオヤとトゥーオヤの本を入手しています。とにかくとにかく素敵すぎ。どれもこれも本当に可愛いんです。
いつかオヤもやってみたいのですが、現在の所は作品集として愛でてます。



かぎ針編みのレースが好きで、最近は棒針でクンストレースにも挑戦していますが、タティングレースは同じレースのカテゴリの中でも特に「気軽である」ということが大きな特色だと思います。
とても単純な編み方の繰り返しで、乙女チック度合いもかなり高く(!)編んでいる作業自体がすごく面白いのです。
シャトルと糸玉だけ持ってたらどこででもできちゃう手軽さも良いです。
最近は出版されるタティング手芸の本も増えてきていますね、タティング人口がもっともっと増えたら良いな。

ネットサーフィンの途中に立ち寄って下さった方、何かしら本を選ぶ際の参考になったら幸いです。
長々読んで下さった方、ありがとうございました☆
| 12:17 | 手仕事のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
薄灰水色。
JUGEMテーマ:レース編み
 


アクセサリーショップ玉の方でオーダーのあったネックレス制作しました。
糸の色を指定していただいて、ビーズの色はお任せで〜というオーダー。
ミシン糸と変わらないほどの細さの繊細な糸で出来ています♪

玉|t a m a
アクセサリーショップ
| 16:25 | 手仕事のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
心の安定と手仕事。
JUGEMテーマ:編み物


手作業減ると、精神状態も不安定。
そして暑いと手仕事捗らない…、暑いの苦手な私。
没頭したくても上手くいかない時は、過去の作品眺めてます。
| 11:14 | 手仕事のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
編み編みクッション。
JUGEMテーマ:編み物


ミシンが壊れて中身が作れず、制作途中になってたクッション仕上げた。
例によってかぎ針の、模様編み♪

中身はストローを切ったやつがはいってます。
そばがら枕よりも軽くて、パンヤのクッションよりちょっと重みがある感じ。
これがまた絶妙な触り心地。
元々座敷用に購入した胡座座布団が高過ぎて、中身(ストローの切ったのが入ってた)を
高さ調節のために大量に出してしまったのを、
捨てずに取ってあったのです。

すごくいい感じなのでこれで枕つくりたくなりました。
ストローのきったやつ…これだけで売ってないかな。
| 15:24 | 手仕事のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
タティングレースの…中物(!?)
JUGEMテーマ:レース編み


編みかけのタティングレース。初の大物。(大物ってほどでもないか、中物w)

ちょっと最近編物の方ばっかしてて手が離れてしまってますが、
目につくところに広げておけば…やる気が出るかも?←

今年の年末はゲーム三昧の年末になりそうです(笑

鼻水が酷くて目も痒い。
明らかにアレルギー症状?なんだけど
こっちきてから花粉症発症しなくなったはずなのに…
風邪なのかな?もう2週間もグズグズしてて困ってます(・・;)


昼間は日差しがまだ強くて、二階の日当りの良い我が部屋なんかは結構暖かいのだけど。

寒がりさんの猫たちのためにヒーター出したり、
宮古もちょっと寒くなって来て、ようやく秋冬気分が味わえています。
温かいそばやうどんが美味しく頂ける季節って大好き!
| 16:15 | 手仕事のこと | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あゆ蔵 |
<< | 2/11 | >>